© 2005- OONOSANTA architects ALL RIGHTS RESERVED

プロジェクト 下方向矢印_ver2_edited.jpg

春日部の住宅

 

親世帯2人、子世帯5人(計7人)の2階建ての2世帯住宅。

 

初めて家族全員とお会いした時に、皆さんの仲の良さが伝わってきたので、

1階と2階で、完全に分断してしまう2世帯住宅ではなくて、

緩やかな2世帯の交流を促す住まいを提案した。

 

1階には、親世帯の寝室・仕事場(将来、子世帯夫婦の寝室を予定)・トイレを配し、

緩やかな交流を促す仕掛けとして、ナカドマ・祖父母の息子が使用する書斎・浴室・洗面室を配している。

玄関兼多目的スペースのナカドマは、親世帯の寝室、仕事場に隣接し、

子供達がおもちゃで遊んだり、ダンスの練習をする事で、自然な交流が生まれている。

そして、学校の行き帰り時に、必ず仕事場と寝室を通るので、自然と挨拶が交わされ、

浴室では、祖父母と孫が一緒にお風呂に入ったりしている。

また、ナカドマに隣接して書斎を配する事で、疎遠になりがちな祖父母とその息子の自然な交流も生まれている。

2階には、両世帯が使用するLDK・ソラミダイ・ヌックを配し、

プライバシーを考慮してバルコニーを挟んで、子世帯の寝室・シャワー室・トイレを配している。

 

ダイニングには、8人が座れる大きな机を置き、家族全員で楽しく食事ができるようにし、ダイニングに面し、キッチンから見える位置に子供達の勉強スペースの為の長い机を用意した。

キッチンに立つ母親や、ダイニングテーブルに座る祖父母や父親に、見守られながら勉強する事で、質問もしやすくなり、勉強効率が上がる事を狙っている。

長い勉強机の続きで、外の公園に向かって突き出したようなソラミダイを造り、勉強に飽きた時などに、空や星を見て休憩したり、公園の緑を見てリラックスしたり、床座になって本を読んだりできるスペースとした。

 

リビングは、最大高さ3.5mの片流れの天井となっていて3方を窓に囲われた、開放感のある気持の良い、光の溢れる空間となっている。夏季には、重力換気によって自然な風の流れができるように、天井付近に電動の窓を設置している。

リビングに面して、1段下げてヌックを配し、本棚と造作ソファと黄緑色の黒板壁を用意して、子供達が本を読んだり、おもちゃで遊んだり、お絵かきするスペースとした。

1段下がっている事で、目線の高さが変わり、少し囲われて落ち着いた空間となっている。

春日部の住宅

所在地/埼玉県春日部市
主要用途/専用住宅

 

構造・構法                          
主体構造・構法 木造在来軸組工法
基礎 ベタ基礎

 

規模                             
地上2階 
軒高6,940mm 最高の高さ7,608mm
敷地面積 167.74㎡
建築面積   87.77㎡(建蔽率52.33% 許容60%)
延床面積 160.12㎡(容積率95.46% 許容200%)
  1階   80.29㎡ 
  2階   79.83㎡